お知らせ

2018年08月29日
出版のお知らせ
2018年08月10日
ホームページを一部リニューアル致しました
2018年04月02日
営業はアーティストです
2018年03月22日
なぜブログを始めたか
2017年11月06日
覚悟の瞬間にて特集
» 続きを読む

営業代行をやってみませんか?

営業のお悩みはセールスブレーンにお任せ下さい

<営業代行(営業請負)の特性・メリット>

  • 営業スタッフ5~6人の小規模営業プロジェクトなので低コストです
  • オーダーメイド営業プロジェクトなので営業戦術を試行錯誤で試すことが出来ます
  • 営業部全体で本格営業を実施する前に外部営業部隊を使って仮説検証することに
     よって、戦術の見直しだけでなく投資コストのリスク回避も出来ます

営業代行(営業請負)をはじめとする営業についてのお悩み事などセールスブレーンにお気軽にご相談ください。

 

”営業代行(営業請負)”で売りたい商品のベストな売り方を見つける!

「1番いい売り方を見つけたいと思うなら、まず営業代行をやってみよう!」

「営業代行をやって、これはいけると思う売り方を検証しよう!」

「ベストな売り方は、やって気づく検証の中から見つかる!」

これはいけるという売り方(営業手法)を発想したら、企業の営業全体が動く前に、その売り方が良いかどうか少人数でやってみましょう。

これは!と思う売り方を、思うだけでなく実際にやってみるのです。

P.F.ドラッカー『明日を支配するもの』

3 チャレンジ・リーダーのための手順と予算(98pより

小規模にテストをする

『(前部省略)いかなる調査研究、市場調査、コンピューター使用のモデルといえども、現実の代わりをつとめることはできない。

新しいもの、改善したいものは、すべて小規模にテストする必要がある。
つまり、パイロットする必要がある。
だがそのためには、その新しいものの実現に意欲のあるものを探さなければならない。

すでに述べたように、新しいものは、常になんらかの障害にぶっつかる。
そのとき、自分こそ成功させると胸を張り、取り組み続けるものが必要とされる。
しかも、その者には敬意を払われていなければならない。
組織に属している者でなくてもよい。

さらには、その新しいものを本当に欲し、成功させるために一緒に働いてくれる客を探すことさえ必要となる。

こうしてパイロットに成功し、設計、市場、アフターサービスについて、誰も気づかなかった障害や機会を発見した後ならば、変化に伴うリスクも大幅に軽減される。
いかに行うべきかも明らかになる。

すなわち、とるべき起業家戦略が明らかになる』